【ゆうちょ銀行改悪】硬貨入金が有料に!ATM利用手数料はいくら?対策も含め解説

こんにちは、FIRE投資家のカケルです。

今回は「ゆうちょ銀行サービスの改悪と対策」について解説しますこの記事は5分で読めます。

ゆうちょ銀行は全国どこにでもあり、ショッピングセンター等にATMがあったりで利用している人は多いのではないでしょうか?

カケル

しかし、2022年1月17日からサービス内容が大幅に改悪します。

改悪してもゆうちょ銀行を使用したい人向けに、一部改悪対策についても解説いたします。

この記事で分かること
  • ゆうちょ銀行の改悪内容の詳細について
  • 改悪対策の方法について
目次

改悪①ATM・窓口での硬貨取り扱い時の手数料の新設

キャッシュレスが普及する昨今、硬貨を使うシーンは減ったとはいえど、小銭貯金などをしている人はいるかと思います。貯まった硬貨はゆうちょのATM・窓口において、無料で入出金出来ていましたが、2022年1月17日から有料となります。

ATMでは入手金ともに1枚の取り扱いから有料へ(最低110円)
窓口では入手金ともに51枚~の取り扱いから有料へ(最低550円)

改悪②ATMでの硬貨取り扱い時間帯の変更

硬貨は平日の7~18時までの取り扱いへ時間帯が変更

改悪③駅・ファミマ・ショッピングセンターのATM手数料新設

近くにゆうちょは無くても、イオンなどのショッピングセンターやファミマにゆうちょのATMがあって、そこを利用していた人も多いはず。しかし、休日での取り扱いには手数料がかかるようになります。

平日や土曜日の14時までの取り扱いは引き続き無料
日曜日、祝日などの休日は手数料がかかる

改悪④ローソン銀行ATM・イーネットATMの手数料変更

ローソン銀行ATMへ110円→220円に値上げ
イーネットATMは手数料新設(最低220円)

改悪⑤ゆうちょ銀行から楽天銀行への振込サービス終了

ゆうちょのお金を楽天銀行に移動させるのにこのサービスを使用していた人は多いのではないでしょうか?2022年3月26日で最終受付終了となります。

改悪対策について

  • 小銭貯金をしている人は硬貨を2022年1月17日までに全て入金する
  • 50枚以下の硬貨なら引き続き窓口では無料なので、窓口を利用する
  • ゆうちょ以外のATMでは今後手数料がかかるため、コンビニ利用ならファミマを利用するただし、ファミマにイーネットATMがある所は使用厳禁
  • ゆうちょから楽天銀行へはリアルタイム入金を利用する(手数料無料)

まとめ

  • ATMでの硬貨取り扱いは全て有料。
  • ゆうちょ以外のATM利用は全て手数料がかかる
  • 無料で利用するなら、平日(8:45~18:00)及び土曜日(9:00~14:00)にゆうちょATMで紙幣のみ

感想→もともと小銭入金以外ではゆうちょは使用していませんでした。窓口では引き続き50枚以下の硬貨入金は無料ですが、手間を考えると私は今後ゆうちょを使うことはありません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次