【徹底比較】VT(全世界株式)とVTI(米国株式)どっちを買えばいいの?(投資信託)

こんにちは、FIRE投資家のカケルです。

今回は「VT(全世界株式)とVTI(米国株式)はどっちを買えばいいの?」について解説します。この記事は3分で読めます。

インデックス投資がおすすめなのは分かってる。人気の全世界株式米国株式どっちに投資すれば良いのかしら?

米国株式派

世界経済を引っ張っているのは米国!米国株式だけでいいでしょ?

全世界株式派

いやいや、全世界に投資した方がリスク分散になるわよ。

インデックス投資をする場合、人気の全世界株式と米国株式どっちを買えば良いのか迷った経験はありませんか?
そんなアナタに投資歴16年でFIRE済みのブログ管理人が「全世界株式と米国株式」の各社商品を比較し、どちらを選ぶべきか解説します。

この記事の結論
  • 迷うのなら「全世界株式」を買えば良い。
  • おすすめの銘柄は「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」
  • 全世界株式と米国株式の二択に到達している時点で80点以上取れている。
この記事で分かること
  • 全世界株式と全米株式の成績比較について
  • 全世界株式派の主張について
  • 米国株式派の主張について
  • ブログ管理人の意見について
目次

全世界株式(VT)と米国株式(VTI)の投資商品の種類は?(投資信託とETF)

全世界株式の商品一覧
  1. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド⇒(呼称:楽天VT
  2. eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)⇒(呼称:オルカン)
  3. SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド⇒⇒(呼称:SBI・VT)
  4. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF⇒(呼称:本家VT)

(※)商品名が長いので呼称を付けました。

①~③は投資信託で、④はETFです。(ETFとは上場投資信託のこと。詳しくは日本証券業協会へ

米国株式の商品一覧
  1. 楽天・全米株式インデックス・ファンド⇒(呼称:楽天VTI
  2. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)⇒(呼称:S&P500)
  3. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド⇒⇒(呼称:SBI・VTI)
  4. バンガード・トータル・ストック・マーケットETF⇒(呼称:本家VTI)

(※)商品名が長いので呼称を付けました。

①~③は投資信託で、④はETFです。(ETFとは上場投資信託のこと。詳しくは日本証券業協会へ

【投資信託】楽天VT、オルカン、楽天VTI、S&P500、を比較

楽天VTオルカン楽天VTIS&P500
ベンチマークFTSE-GACIMSCI-ACWICRSP USTMIS&P500
投資対象全米株式
(大・中・小型株)
全米株式
(大・中型株)
全米株式
(大・中・小型株)
全米株式
(大・中型株)
構成銘柄数約8,000銘柄約3,000銘柄約4,000銘柄約500銘柄
購入時手数料なしなしなしなし
純資産総額1732億円5164億円5,427.98億円11,575.24億円
信託財産留保額なしなしなしなし
信託報酬約0.212%約0.1144%約0.162%約0.0968%
(2022/06/6時点の情報です)
カケル

歴史の浅いSBIシリーズはカットしました。気になる方はごめんなさい。

【投資信託】楽天VT、オルカン、楽天VTI、S&P500の過去成績を比較

ここからは4つの商品の過去チャートを用いて成績を比較します。

過去1年で比較

過去1年の成績は以下の通りです。

楽天VTオルカン楽天VTIS&P500
+10.00%+10.74%+14.48%+18.96%
米国株式派

米国株式の勝ちだね。

過去3年で比較

過去3年の成績は以下の通りです。

楽天VTオルカン楽天VTIS&P500
+62.68%+63.94%+78.29%+82.91%
米国株式派

米国株式の勝ちだね。

設定以来(ファンドが出来てから)で比較

設定以来の成績は以下の通りです。

楽天VTオルカン楽天VTIS&P500
+64.58%+64.55%+95.82%+88.87%
米国株式派

どの期間で見ても全世界株式に対して米国株式の圧勝だね。

全世界株式派

もう負けを認めます。これからは米国株式へ集中投資するわ!

たぱぞうさん

私も米国株式は最強だと思ってます。詳しく知りたい人はコチラ【たぱぞうさんから学ぶ】米国株で始める 100万円からのセミリタイア投資術について

カケル

まだ結論を出すのは早いです。米国株式派と全世界株式派、それぞれの主張を一旦まとめます。

\楽天スーパーセール開催中/
楽天市場

米国株式派(VTI派)の主張

ここでは米国株式派の意見について解説します。

全世界株式は低成長の国を含むから

全世界株式に投資する最大のメリットは「国固有のリスク」を下げることです。

しかし、投資対象を世界全体へ広げることにより成長性の低い国も入ってしまいます。高齢化の進むヨーロッパ諸国や我らが日本などです。

アメリカは世界最大の経済大国であり、GDPは世界最大です。

カケル

近年は中国に追いつかれつつあるものの、米国最強はしばらく揺るがないですね。

アメリカは人口が増加し続けているから

先進国の中で人口が増加しているのは唯一アメリカだけです。

人口の増加にともなう労働力の拡大によって基本的には経済は成長します。

出典:国連人口統計(2006年版)を基に作成

新興国の成長も米国市場で取り込める

今後も大きな成長が見込める新興国市場については、以下のように主張しています。

  • 米国の大企業は、ほとんどがグローバル企業
  • 新興国にもすでにビジネスの根を張っていて、その国の成長は取り込める

実際にS&P500を構成する企業の「海外売上高比率」は、ここ数年で40~50%弱もあります。

新興国市場が大きく成長したとしてもそれをまるごと取りこぼすようなことはないということです。

世界分散はリスク低減にならない

下記の図は「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」の構成比率を示した資料です。

米国株式派

全世界株式を買っても、約60%がアメリカだからリスク低減にはならないよね。

米国株式派

2020年3月のコロナショックの時も全世界株式は米国株式と一緒に下がってるでしょ?リスク低減になっていないよね。

カケル

確かに全世界株式を持っていたから助かったというケースはないですね。

全世界株式派(VT派)の主張

ここでは全世界株式派の意見について解説します。

米国の暗黒時代を知っていますか?

米国株は長期で見れば右肩上がりのチャートですが、特定の期間に区切ってみると暗黒の期間があります。

たとえば、下記はSPYの過去チャートですが、2000~2010年の10年間は完全なボックス相場(株価がある程度の範囲で上がったり下がったりを繰り返す相場)でした。

SPYはS&P500をベンチマークにしたETFです。

カケル

このS&P500指数でさえも10年間で2度の暴落期、さらには横ばいの取引値という時代があったのです。

全世界株式派

アメリカでも株価が成長していない時期があったのね、ある意味安心したわ。

米国一強が永続するとは限らない

米国株式派の人は「米国の暗黒時代はあくまでも過去の話」という人が多いでしょう。
今が絶好調」だから米国集中投資こそが大正解と言っているに過ぎません。

しかし、人類の歴史に目を向けてみると、特定の1つの国・政府・文明が栄え続けたことはありません。

例えば、ローマ帝国、鎌倉幕府、メシポタミア文明のようにどれだけ強大な力を持っていたとしても、必ず歴史の波に飲まれてきました。

ここで1つ重要なグラフを紹介します。

世界の株式時価総額を表しています。

1990年代、日本のバブル時代は日本株式が米国株式と同じぐらいの割合となり、「日本株式を持っていない方がおかしい」と言われていました。

しかし、その後日本のバブルは弾けて景気後退・・・相場の転換点を読むことは出来ないのです。

カケル

つまり、米国一強がこのまま続くとは限らないということです。

より広い分散効果が期待できる

全世界株式は文字通り、世界中の投資可能なほぼ全ての銘柄に投資することができるファンドです。
長期的かつ安定的にリターンを得るなら、分散投資は基本中の基本です。

カケル

ただし世界分散といえど、やはりアメリカが60%を占めているのは忘れてはいけませんね。

全世界株式インデックス・ファンドの特徴
  • 時価総額加重型のファンドなので、投資する国をわざわざ選ばなくても良い
    (ポートフォリオを自動調整してれる)
  • 強い国には多めに、弱い国には少なめに投資してくれる
カケル

ほったからかし投資」の著者:山崎元さん・水瀬ケンイチもファイナルアンサーとして「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」がベストと言っております。

楽天ブックス
¥869 (2022/06/08 12:24時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中/
楽天市場

ブログ管理人の意見は?

ここ10年の米国株式の成長率は高く、全世界株式よりもリターンが大きかったのは事実です。

しかし、全世界株式派の意見通り、「1つの国が永続して最強であった時代」はありません。

どの国が躍進してきたとしてもその時、その時で1番強い国に投資をすることができればそれがベストです。

カケル

超長期で見ると勝ちを予想する必要のない「全世界株式」が正解だと思います。正直、米国株式と全世界株式の二択まで来ている時点で80点以上は取れていると思います。

投資初心者は迷うなら「全世界株式」へ投資しよう。

VT(全世界株式)とVTI(米国株式)どっちを買えばいいの?まとめ

  • 悩むのなら「全世界株式への投資」を選択するべき
  • おすすめの銘柄は「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」
  • 全米株式と米国株式の二択に到達している時点で80点以上取れている。

結局終わってみなければどっちの成績が良かったかは分からず、投資に正解はありません。
投資に大事なのは常に自分で考えて他人の意見を鵜呑みにしないことです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次