【超初心者向け】投資を始めたい人が最初にやるべきこととは?

こんにちは、FIRE投資家のカケルです。
今回は「投資初心者がやるべきこと」について解説します。この記事は5分で読めます。

投資を何か始めたいけど、何から始めたらいいか分からないわ

具体的に何をすれば良いのか知りたいなぁ

上記のような声はよく耳します。金融商品の種類やリスクを知らないという方は、先に前回の記事投資の始め方をご覧ください。

この記事で分かること
  • 投資初心者がやるべきことについて
目次

やるべき重要なこと

貯金をする

貯金って投資なの?と言われそうですが、貯金をすることは立派な投資です(安全資産を持つという投資)。投資収入がない人は、「給与を稼ぐ」→「貯金を増やす」→「貯金を投資に回す」のサイクルが正解です。

株や債券を購入する

株や債券は昔からある金融商品で、購入しやすいのも特徴です。

カケル

投資初心者にありがちなのが「最近流行りの○○投資に乗っかる」です。

自分が理解しておらず、さらに最近出たばかりの金融商品はそもそもそれが投資詐欺の可能性もあるので、絶対に手を出すにはやめましょう。投資詐欺を見分ける方法についてはコチラ

小額から始める

全く投資をしたことがないサラリーマンが、銀行員の勧めで退職金を全部つぎ込んだらすぐに目減りして損切した。こういうのはよくあることです。投資初心者は毎日の値動きに翻弄されます。自分のリスク許容度も知らないので、夜も眠れないこともしばしば。

失ってもいいと思える小額から始めましょう。

手数料は出来る限り払わない

投資をする際には、「販売手数料」「運用手数料」「取引手数料」「為替手数料」など、様々な手数料がかかります。つまり何か金融商品を買った瞬間に既に元本は目減りしているのと同じです。「手数料」は少ないに越したことはありません。

税金は出来る限り払わない

例えば株式の場合、売却したり、配当金を受け取る時に、ざっくりと税金で20%が差し引かれます。ですので優遇税制(非課税)をしっかりと活用することは必須です。NISA、積み立てNISA、iDeCoなど

借金はしない

投資を始めて儲かり始めると、元手を増やした方がたくさん儲かるからお金を借りようとする人をたまに見かけますが、絶対にやめましょう。借金をしている状態というのはメンタルにも良くないですし、そもそも投資とはリスクとの付き合いので、損した場合どうやって補填するのでしょうか?投資は自己資金かつ余剰資金で行いましょう。

投資初心者がやるべき投資は?

色々と書きましたが、ズバリ!「インデックス投資」これ一択です。

インデックス投資のインデックスとは、「指数、指標」のことです。インデックス投資とは、特定の指数(日経平均やS&P500など)と連動した値動きを目指す投資方法です。

インデックス投資の始め方については、コチラへ→【超初心者向け】インデックス投資の始め方

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次