【徹底比較】SBI証券と楽天証券どっちがおすすめ?(投資初心者さん向け)

今回は「楽天証券とSBI証券」について徹底比較をします。この記事は7分で読めます。

投資をするならネット証券が良いって聞いたことあるけど、
結局どこの証券会社を使うべき?

楽天証券を使っているけど、SBI証券ってどうなんだろう?

証券会社選びでお困りの方や、投資初心者さん向けに「どこの証券会社が良いのか?」を様々な視点で解説します。

この記事はこんな人にオススメ
  • 楽天証券とSBI証券の違いを知らない人
  • 楽天証券とSBI証券のどちらを使うべきか悩んでいる人
この記事の結論

【結論】

総合的にはSBI証券がおすすめ

楽天証券がおすすめな人】

・楽天経済圏を活用している人
・楽天ポイントを貯めている人
・日経テレコンを無料で使いたい人
・人気銘柄に投資したい人
・操作画面が分かりやす方が良い人

SBI証券がおすすめな人】

・ポイント還元率重視の人
・25歳以下の人
・たくさんの銘柄に投資したい人

この記事で分かること
  • 楽天証券とSBI証券のそれぞれの良さについて
  • 自分がどっちの証券会社を使うべきかについて
  • ブログ管理人はどうしているのか?について
目次

SBI証券と楽天証券を項目別に比較

ざっくりとSBI証券と楽天証券を一覧で把握したい方は、以下の「比較早見表」をご覧下さい。

SBI証券楽天証券
①口座開設数720万口座
(SBIネオモバイル、
SBIネオトレードを含む)
約700万口座
②取引手数料0円~0円~
③取扱銘柄(外国株)9ヵ国
(米国・中国・韓国・ロシア・ベトナム・インドネシア・シンガポール・タイ・マレーシア)
6ヵ国
(米国、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)
④米国株式の取扱銘柄数約5,000銘柄約4,700銘柄
⑤取扱商品数国内株式・外国株式/海外ETF・投資信託・債券・先物/オプション・金/プラチナ・FX・CFD国内株式・外国株式/海外ETF・投資信託・債券・先物/オプション・金/プラチナ・FX・CFD
⑥取引ツール国内株式と米国株式は別々のアプリ国内株式と米国株式は同じアプリ
⑦対応制度iDeco、NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAiDeco、NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA
⑧ポイント制度Tポイント
Vポイント
Pontaポイント
dポイント
楽天ポイント
⑨使えるクレジットカードと還元率三井住友カード(最大2.0%)
高島屋カード
楽天カード(1.0%)
ただし、2022年9月から改悪
⑩キャンペーンありあり
2022年4月時点の情報です。

口座開設数

口座開設数はSBI証券が一歩リードしています。
ただし楽天証券の人気が高く、2021年は楽天証券の新規口座開設は業界でNo.1だったそうです。

会社名口座開設数
SBI証券約720万口座(SBIネオモバイル、SBIネオトレードを含む)
楽天証券約700万口座
2022年4月時点の情報です。
カケル

ネット証券ではこの2社がダントツです。

取引手数料

現物株式の取引手数料はSBI証券が一歩リードしています。
①取引(1約定)ごと、②1日定額プランで手数料を比較します。

①取引(1約定)ごとにかかる手数料(税込)

約定代金SBI証券楽天証券
~5万円55円55円
~10万円99円99円
~20万円115円115円
~50万円275円275円
~100万円535円535円
~150万円640円640円
~3,000万円1,013円1,013円
3000万円超1,070円1,070円
2022年4月時点の情報です。
カケル

取引(1約定)ごとの手数料はSBI証券も楽天証券も同じです。

②定額プランの手数料(税込)

約定代金SBI証券楽天証券
~100万円0円0円
~200万円1,238円2,200円
~300万円1,691円3,300円
以降100円増加ごとに295円ずつ増加1,100円ずつ増加
2022年4月時点の情報です。
カケル

定額プランの手数料は約定代金が100万円を超える場合、SBI証券が一歩リードです。

SBI証券のみ、25歳以下は国内株式現物の取引手数料は0円です。

取扱銘柄(外国株)

取扱銘柄(外国株)はSBI証券が一歩リードしています。

SBI証券では、楽天証券では取り扱いのない「韓国、ロシア、ベトナム」への株式投資も可能です。

カケル

ほとんどの人は関わることのない投資先なので、気にせずでOK。

米国株式の取扱銘柄数

米国株式の取扱銘柄数についてはSBI証券が一歩リードしています。比較は以下の通りです。


SBI証券楽天証券
米国株式取扱銘柄数5,002銘柄4,671銘柄
米国ETF取扱銘柄数307銘柄324銘柄
取引手数料(税込)約定代金の0.495%
(0米ドル~22米ドル)
約定代金の0.495%
(0米ドル~22米ドル)
2022年4月時点の情報です。

米国株の種類が豊富なのはSBI証券、米国ETFの種類が豊富なのは楽天証券です。

カケル

自分が投資する商品に合わせて選べばよいと思います。

取扱商品数

取扱商品数についてはほぼ互角で大差はありません。

SBI証券楽天証券
取扱商品国内株式・外国株式/海外ETF・投資信託・債券・先物/オプション・金/プラチナ・FX・CFD国内株式・外国株式/海外ETF・投資信託・債券・先物/オプション・金/プラチナ・FX・CFD
国内株式東京証券取引所
名古屋証券取引所
福岡証券取引所
札幌証券取引所
東京証券取引所
名古屋証券取引所
投資信託2676本2673本
2022年4月時点の情報です。
カケル

楽天証券は福岡証券所と札幌証券所に単独で上場する銘柄に投資出来ないことは注意

取引ツール

取引ツールは楽天証券が一歩リードしています。
国内株・米国株を楽天証券はひとつのアプリで管理可能ですが、SBI証券は別々のアプリで管理が必要です。

カケル

楽天証券の操作画面は初心者さんには使いやすい設計となっており、人気があるよ

SBI証券楽天証券
PC向け取引ツール名HYPER SBI
HYPER SBI 2
マーケットスピード
マーケットスピード Ⅱ
スマホ向け取引ツール名SBI証券 株 アプリ
SBI証券 米国株 アプリ
HYPER FXアプリ
HYPER 先物・オプションアプリ
取引所CFD アプリ -くりっく株365
iSPEED
iSPEED FX
iSPEED 先物OP
ツール利用料金無料無料
投資情報国内・海外の市況
銘柄情報
四季報
国内・海外の市況
銘柄情報
四季報
トウシル(※1)
日経テレコン(※2)
2022年4月時点の情報です。

(※1)・・・「トウシル」とは、“お金と投資をもっと身近に!”をコンセプトに、経済・マーケットの解説や注目の銘柄・テーマの紹介だけでなく、人生におけるマネープランの作り方や生活のお役立ち情報など、投資や証券という枠にとらわれない情報を発信するメディアです。

(※2)・・・日経新聞をウェブで読めるサービスのことです。

楽天証券で口座を持っているだけで、通常数千円かかる日経テレコンが無料で使えます。

対応制度

対応制度はどちらも同じで互角です。

SBI証券楽天証券
NISA対応対応
つみたてNISA対応対応
ジュニアNISA対応対応
iDeCo(個人型確定拠出年金)対応対応
2022年4月時点の情報です。

ポイント制度

ポイント制度はSBI証券が一歩リードしています。

カケル

「自分が生活でよく使うポイント」を重視して選んでも、それはそれで正解だと思います。

SBI証券楽天証券
貯まるポイントTポイント
Vポイント
Pontaポイント
dポイント
楽天ポイント
ポイントが使える対象投資信託
(TポイントとPontaポイントのみ)
※Vポイントは2022年春~夏に対応予定
投資信託
国内株式
バイナリーオプション
還元率(購入時)<スタンダードプラン>
手数料の月間合計金額
の1.1%相当
<株式投資の超割コース>
手数料の1%〜2%
還元率(投資信託保有時)<保有額:1,000万円未満>
銘柄により異なるが、最低0.1%

<保有額:1,000万円未満>
銘柄により異なるが、最低0.15%
2022年4月廃止(※1)
(はじめて残高が到達した1回のみ付与に変更)
2022年4月時点の情報です。

(※1)・・・4月まではSBI証券と同じように、保有残高に応じて楽天ポイントを貰えましたが、2022年4月から改悪されています。 詳しくは以下の記事をご覧ください。

楽天証券の改悪の詳細はコチラ

使えるクレジットカードと還元率

使えるクレジットカードはSBI証券は三井住友カード、楽天証券はカードですが、ポイント還元率で見るとSBI証券が一歩リードしています。

SBI証券楽天証券
使えるカード三井住友カード
高島屋カード
楽天カード
積み立て投資の還元率0.5~2.0%
(カードのランクで変わる)
1.0%
(2022年9月から改悪)
2022年4月時点の情報です。
楽天クレカ積立改悪の詳細はコチラ

キャンペーン(2022年4月時点)

SBI証券のキャンペーン内容

SBI証券では下記以外にもかなりたくさんキャンペーンを実施しております。
キャンペーン一覧はコチラ

キャンペーン名キャンペーン内容キャンペーン期間
【今なら】SBI証券からのカード申込&クレカ積立設定&CPエントリー後クレカ利用で年間最大59,000円相当がもらえる!SBI証券から三井住友カードを申込み、クレカ積立を設定していただくと、年間で最大59,000円相当がもらえる2022/1/1(土)2022/4/30(土)まで
投信お引越しプログラム!他社からの投資信託の移管手数料をSBI証券が全額負担開催中~終わりは未定
2022年4月時点の情報です。
カケル

今から投資信託のクレカ積立をするなら、キャッシュバック額の多いSBI証券をおすすめします!現在、他社からの乗り換えは手数料無料で、顧客獲得を頑張っている印象です。

楽天証券のキャンペーン内容

楽天証券では下記以外にもかなりたくさんキャンペーンを実施しております。
キャンペーン一覧はコチラ

キャンペーン名キャンペーン内容キャンペーン期間
ポイント投資でポイント最大+1倍楽天証券で楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定のうえ、投資信託と米国株式(円貨決済)にポイント投資で同月の楽天市場のお買い物がポイント+1倍!開催中~終わりは未定
新成人の方は当選確率3倍!口座開設キャンペーン!期間内に口座開設&初期設定でもれなく200ポイントプレゼント!さらに抽選で100名様に2,000ポイントプレゼント!新成人の満18、19、20歳の方は当選確率が3倍にアップ!2022年4月1日(金)10:00~2022年6月23日(木)23:59
米国株式移管手数料キャッシュバックキャンペーン!米国株式を移管(入庫)していただいたお客様に、楽天証券へ移管する際に他社で支払った移管手数料をキャッシュバック2021年11月1日(月)~2022年4月28日(木)
2022年4月時点の情報です。
カケル

楽天市場をよく利用する人はSPU+1倍になるのはありがたいですね。

SBI証券が向いている人

  • ポイント還元率重視の人(楽天は改悪続きで、人気銘柄はほとんどポイントがつかなくなります)
  • 25歳以下(国内株式の手数料が無料なため)
  • たくさんの銘柄に投資したい人(銘柄の豊富さはSBI証券がリード)

楽天証券が向いている人

  • 楽天経済圏を活用している(楽天グループで色々まとめている人)
  • 楽天ポイントを貯めている人
  • 日経テレコンを無料で使いたい人(通常は数千円するサービス)
  • 人気銘柄(楽天・全米株式インデックスファンドや楽天・全世界株式インデックスファンドなど)に投資したい人
  • 操作画面が分かりやす方が良い人(操作画面が初心者向けなのは楽天証券)

SBI証券と楽天証券を両方使うのは?

カケル

もちろんありです!

証券会社を複数使うことはよくあることです。
ただし、面倒くさがりな人や投資初心者さんは一社にまとめておくのが無難かと思います。

ブログ管理人はどこを使っているのか?

カケル

楽天証券でまとめています。

10年以上前はあれこれ使っていましたが、ポイントや使い勝手のためにころころ証券会社をまたいで管理するのは面倒だったので、楽天証券で全部まとめています。ブログ管理人はかなり面倒くさがりな性格です)

「SBI証券と楽天証券どっちがいいの?」まとめ

この記事の結論

【結論】

総合的にはSBI証券がおすすめ

楽天証券がおすすめな人】

・楽天経済圏を活用している人
・楽天ポイントを貯めている人
・日経テレコンを無料で使いたい人
・人気銘柄に投資したい人
・操作画面が分かりやす方が良い人

SBI証券がおすすめな人】

・ポイント還元率重視の人
・25歳以下の人
・たくさんの銘柄に投資したい人

楽天証券SBI証券正直どちらを選択しても90点か95点かぐらいの差しかありませんので、悩むぐらいなら両方口座開設しても良いと思います。

カケル

ちなみに、つみたてNISAやNISA口座はひとつの証券会社でしか開設出来ないのでよく検討してね!

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次