【最安値プランは?】楽天モバイルの改悪対策とおすすめ乗り換え先について徹底解説

今回は5/13(金)に発表された「楽天モバイルの改悪」と「対策」について解説します。この記事は3分で読めます。
(注意)記事は2022/5/13時点の情報をもとに作成しております。

カケル

楽天モバイルが改悪し、乗り換え先について悩んでいる人はいませんか?

悩んでいます!もし乗り換えるならどこがいいのかしら?

楽天モバイルの改悪内容を把握せずにそのまま使い続けると、金銭的に大きく損をします。

そこで今回「FP2級保持、家計管理のプロであるブログ管理人」が、「楽天モバイルの改悪内容とおすすめの乗り換え先」について解説します。

この記事を読めば楽天モバイルの改悪の詳細「今後どうすべきか」について分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人にオススメ
  • 2022年7月以降の楽天モバイルの改悪内容を知らない人
  • 楽天モバイルから乗り換えを検討している人
この記事の結論
  • 2022年7月1日から、1GB以下の通信でも毎月980円かかる(新プランへの以降は全員強制)
  • 毎月1GB以上使っていた人はその他特典等の恩恵でお得になる
  • 楽天市場で毎月5万円以上使う人でダイヤモンド会員の人は実質0円での継続使用は可能
  • 通信料が毎月3GB未満の人は楽天市場を使うなら現状維持でもOK
  • 通信料が毎月3GB以上の人は「povo2.0で通話の契約+IIJmioで自分に合う通信料をesim契約」がオススメ
この記事で分かること
  • 改悪前の楽天モバイルについて
  • 楽天モバイルの改悪内容について
  • 楽天モバイルの新たなサービスや特典について
  • 楽天モバイルの改悪対策について
  • ブログ管理人はどうするのかについて
目次

改悪前の楽天モバイルのプラン内容は?

楽天モバイルの料金体系は通信料に応じて3段階の1プランのみとなっており、月々の通信料が1GBまでなら0円、1~3GBまでなら980円、3~20GBまでなら1,980円、20GB以上は2,980円です。

通信料を節約すれば、携帯料金を0円で維持出来るのが魅力だよね。

さらに、「Rakuren Link」というアプリを使えば無料で24時間通話かけ放題です。

楽天モバイルの改悪内容とは?

いつから改悪?

5/13時点の情報では、2022年7月1日より全ユーザー強制的に新プランの「UN-LIMIT Ⅶ(アンリミット7)」へ移行となります。

カケル

7/1から新プランに強制以降されますが、2022年10月末までは実質0円での運用は可能です。(8月末までは0円、9月と10月は料金相当分の楽天ポイントが還元される)

新プランの内容は?

今回Twitterをざわつかせたのは、上の図の青枠部分です。

通信料が1GBまでであれば0円だったのが、今後は通信量が1GB未満でも980円かかるようになります。

通信はほとんど使わなかったから毎月0円で安心してたのに・・・。

カケル

0円運用していたユーザーには大打撃ですよね。

改悪で影響を受けるユーザーは?

「楽天改悪」でトレンド入りしていますが、実際に改悪の影響を受けるユーザーは「通信料1GB以下で0円運用していた人」です。

カケル

改悪と同時に新サービスや楽天グループで色々特典が付くので、0円運用していた人以外はお得になります

楽天モバイルの改悪と一緒に発表された新サービスとは?

単純に0円運用が出来なくなっただけなら改悪のみの最悪の事態でしたが、楽天グループでサービスが向上する部分があります。詳細は以下をご覧ください。

楽天市場でのSPU倍率が+2倍(条件達成時)

楽天市場をよく利用する人で、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を知らない人はいないでしょう。

SPUとは、対象サービスの条件を達成すると楽天市場でのお買い物のポイントがアップするプログラムのこと。

2022年6月1日より、SPUの条件に以下の2つが加わります。

追加されるSPU条件
  • 楽天モバイルの利用で+1倍(今までもあったが、さらに+1倍になる)
  • ダイヤモンド会員で+1倍

(注意)それぞれ月1000ポイント付与が上限

毎月1GB以上使ってたし、楽天市場もよく使うから私にとってはありがたいわ。

カケル

「毎月1GB以上使う人」と「楽天市場を使う人」にとってはむしろメリットしかないんです。

楽天グループサービスの一部で料金値下げ

上記の4つの楽天サービスが期間限定で無料になり、さらに無料期間終了後も値下げとなります。

カケル

この値下げを好意的にとらえたユーザーは多そうです。

10分通話かけ放題が15分に延長

楽天モバイルでは「Rakuten Link」を使えば24時間無料で通話可能なので、お金を払って「1回10分通話かけ放題」を契約している人は多くないと思いますが、通話かけ放題の時間が「1回10分から15分に延長」されます。

カケル

この恩恵はありがたいと思う人はかなり少数と思われます。

楽天モバイル公式メールサービスが無料提供

楽天モバイルでは今までキャリア独自のドメインのメールを取得することは出来ませんでした。
しかし、今回新たなサービスとして「楽天モバイルのキャリアメール」が無料で使えるようになります。。

カケル

ドメインは「@rakumail.jp」らしく、3大キャリアと違ってすぐに楽天モバイルと分かりにくいです。迷惑メールと勘違いされそうです。

みまもりアプリの提供開始

開始時期は未定ですが、昔から他社で提供されてきた「子どもをインターネット上の危険から守るアプリ」が提供される予定です。ただし、5/13時点での情報ではAndroidのみでの提供予定となっております。

法人サービスの開始

法人専用のプランが新設されます。楽天モバイルは電話が弱く、圏外になることもしばしばあるのでどこまで需要がある不明です。

その他サービスについて

  • 「Rakuten Link」のメッセージ削除機能
  • 「Rakuten Link」のデスクトップ版の提供

楽天モバイルの改悪対策について

楽天モバイルを0円で引き続き運用したい人

楽天市場のSPUについて新設される「楽天モバイルを使う+ダイヤモンド会員」を達成出来れば、SPUが合計+2%となります。

これを利用し、楽天市場で毎月5万円以上お買い物をする人は楽天ポイントが今までより2%(5万円なら1,000ポイント)多くもらえるので、実質0円で運用が可能です。

カケル

すでに毎月5万円以上楽天市場を使っている人にとっては影響なさそうですね。

楽天市場で毎月5万円使うことがない人(esimが使えるスマホを想定)

このまま楽天モバイルを0円で使い続けることは不可能です。乗り換えを検討する必要があります。

乗り換え先の候補として「povo2.0」をオススメします。povo2.0の基本料金は0円です。

ただし、povo2.0は6カ月以上0円状態で使用すると、強制解約となるので注意

カケル

私も使っているpovo2.0の詳しいレビューはコチラ→【徹底レビュー】povo2.0の速度や使用感について

通話について

通話は有料ですので通話かけ放題が欲しい人は、「5分通話かけ放題(月550円:税込)」をトッピングすればOKです。

通信料について

「通信料」についてはpovo2.0でトッピングする場合、1GBは使用期限が7日間で390円(税込)、3GBなら使用期限30日で990円(税込)で安いとは言えません。

通信料の契約だけで最安値なのは「IIJmio」の「esim」で2GB(440円:税込)です。

通話】はpovo2.0で5分通話かけ放題通信】はIIJmioで2GBまで」ってことよね?料金は550円+440円=990円で、楽天モバイル(1,078円)よりは安いけど、これ微妙じゃない?

カケル

楽天モバイルなら通話かけ放題で通信は3GBまで使えるので、毎月3GB未満しか通信しない人にとっては、楽天市場のことを考えると楽天モバイルの方がむしろ良いです。

ケース別プラン案まとめ

楽天市場のSPU目的のみで0円運用していた人(サブとして使用していた人)

楽天市場で毎月5万円以上購入する予定がないなら、0円運用の継続不可。解約やむなし。

通話を全く使わない人(メインとして使用している人)

→「povo2.0(トッピングなし)+IIJmioで自分に合う通信容量」最安値は440円(税込)

5/20からLINEMOが半年間無料のキャンペーンを実施中、詳しくは→【楽天モバイル改悪を利用?】LINEMOの最新キャンペーンまとめ

5分以下の通話を使う人(メインとして使用している人)

→「povo2.0(5分通話かけ放題トッピング)+IIJmioで自分に合う通信容量」最安値は990円(税込)

5/20からLINEMOが半年間無料のキャンペーンを実施中、詳しくは→【楽天モバイル改悪を利用?】LINEMOの最新キャンペーンまとめ

5分以上の通話を使う人(メインとして使用している人)

→「楽天モバイルで現状維持」=価格は1078円(税込)

ブログ管理人はどうするのか?

カケル

私は現在「povo2.0+楽天モバイルesim」で運用しており、通話かけ放題+25GB通信可能」の状態で毎月2163円(税込)を支払っております。

楽天市場はふるさと納税時期以外はあまり使わないので実質0円での運用はできませんが、5分以上の通話をよくするので「時間制限なしの通話かけ放題」は必須です。

楽天モバイルが改悪し、追加で980円支払うことになっても「他社の時間制限なしの通話かけ放題よりは安い」と判断したので「このまま継続」とします。(たまに楽天市場も使うのも考慮)

「楽天モバイルの改悪対策と乗り換え先のおすすめ」まとめ

この記事の結論
  • 2022年7月1日から、1GB以下の通信でも毎月980円かかる(新プランへの以降は全員強制)
  • 毎月1GB以上使っていた人はその他特典等の恩恵でお得になる
  • 楽天市場で毎月5万円以上使う人でダイヤモンド会員の人は実質0円での継続使用は可能
  • 通信料が毎月3GB未満の人は楽天市場を使うなら現状維持でもOK
  • 通信料が毎月3GB以上の人は「povo2.0で通話の契約+IIJmioで自分に合う通信料をesim契約」がオススメ

今回の楽天モバイルの改悪はSPU狙いで0円運用していた人を一掃するような衝撃的な発表でしたね。
今回の報道を受けて基本料金0円の「povo」がどういう動きを見せるのか?今後に注目したいところです。

カケル

下記の記事は「携帯プランの選び方の記事」も参考になりますので、合わせてぜひご覧ください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次