【徹底解説】電気代を節約したい人必見!電気代を安くする方法(手順)とは?

こんにちは、FIRE投資家のカケルです。

今回は固定費の中の「電気代を安くする方法」について解説します。この記事は3分で読めます。

2021年、コロナ禍でリモートワークが増え、家で仕事をする人が増えました。それに伴い自宅で使用する電気量が増え、電気代が家計を圧迫しつつあります。どうすれば電気代を安く出来るのか?詳しく解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 電気代をとにかく安くしたい人
  • 電気代を安くしたいけど、何からやればいいのか分からない人
この記事の結論
この記事で分かること
  • 電気代を安くする具体液な方法について
目次

使用量の多い家電製品は?

  1. 冷蔵庫
  2. 照明器具
  3. テレビ
  4. エアコン

電気代を節約するためには、上記4つの使い方がポイントとなります。

各家電の具体的な節約法は?

冷蔵庫

買い替えの頻度が少ないのが特徴です。現在の冷蔵庫は省エネ構造が進んでおり、10年前の冷蔵庫から最新の冷蔵庫に買い替えた場合、年間で約8,000円節約が可能です。

照明器具

照明器具の場合、使わない時はこまめに消す習慣を身につけることが大切です。さらに照明器具LEDに交換すると節約効果が高まります。4LDKの部屋の照明器具を消費電力の少ないLED照明に買い替えた場合、 年間で約18,000円節約が可能です。

LEDは今はだいぶ安いからすぐに買い替えるわ

エアコン

買い替えの頻度が少ないのが特徴です。現在のエアコンは省エネ構造が進んでおり、10年前のエアコンから最新のエアコンに買い替えた場合、部屋の大きさに応じて年間で約2,000円~16,000円節約が可能です。 また、冷房でも暖房でもサーキュレーターを使用し、設定温度をいつもより1℃変えるだけで年間約3,000円の節約が可能です。

カケル

扇風機はサーキュレーターの代わりにならないから注意

今すぐ電気代を簡単に安くする方法は「電力会社の見直しをする」

ここまで細かいテクニックを紹介しましたが、手っ取り早く電気代を抑えたければ、最優先ですべきは「電力会社の切り替え(見直し)です。2016年4月1日から、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

\ 切り替えは無料です /

契約アンペア数を変更する

契約アンペア数が小さければ小さいほど、基本料金は安くなり、大きいと基本料金は高くなります。家族構成や住まいの広さに応じて、適切なアンペア数を選択しましょう。

(参考:Loopでんきより)

オススメの電力会社は?

ずばり基本料金が0円の「Loopでんき」です。使用量に応じた電気代のみの支払いのため、全く見直していない家庭と比べて大きく節約出来る可能性があります。私も「Loopでんき」で契約をしております。

もしくは「楽天でんき」です。電気代は「Loopでんき」より少し高いイメージですが、支払いに楽天ポイントを使用することが出来るので、楽天ポイントが余りがちな人はコチラを検討してみても良いかと思います。

\ 基本料金は無料です /

電力会社の切り替え方法は?

  1. 毎月届く「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を用意する
  2. WEBから申し込み

\ 切り替えは無料です /

電力会社の切り替え時に費用は基本的に一切かかりません。現在使用中の電力会社への違約金もかかることはほぼありません。不安な方は事前に確認をしましょう。

まとめ

  • 古い家電は電力の消費が大きいので、思い切って買い替える
  • 契約アンペアを見直す
  • 電力会社を変える(一番簡単でオススメ)

電気代を節約したいと思っている方は多いかと思います。今回ご紹介した節約法は比較的簡単に取り入れられるので、ぜひチャレンジしてみてください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次